防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

グッドデザイン賞を受賞した非常用持ち出し袋

読了までの目安時間:約 4分

震災の直後に慌ててネットでサーチして選んだのがこの防災グッズです。単品で買い求めるよりも手っ取り早く、とにかく焦っていたのでいち早く準備をしたい一心でした。

 

母用にもうワンセット購入して実家にも送り届けました。内容ですが、多機能ライト、保存水、乾パン、簡易トイレ、アルミブランケット、除菌ジェル、給水袋、救急セット…など基本で揃えておきたい合計30点がリュック型バッグに詰まっています。

 

 

幸い現在までは使用することなく過ごせているので、本当に必要になった時にちゃんと力を発揮してくれるのかは分かりませんが、このセットを選んだことは正解だったと思っています。テレビショッピングやカタログで良く見かける同じようなタイプのものは蛍光オレンジなどの派手でセンスのないリュックに入った

 

ものが多いので、シンプルなデザインで火にも強いリュックを採用しているこのセットには満足しています。

 

やはり、いつ襲われるか分からないのが震災ですから玄関先やリビングなどのすぐに持ち出せるところに置いておかないと意味がないですし、極端にセンスのない、インテリアに合わないものでは結局物置などにしまい込んでしまって、本番で役に立たないと思うのです。現在は食卓椅子の下に常備して、気が付い時に消費期限などをチェックしています。

 

セットされていた軍手は安価なものでしたので、アマゾンなどでガラスなとの危険物にも安心の丈夫なタイプに買い替えたり、ナイフや爪切りなどがセットされたアーミーナイフを追加購入しました。あとセットのスリッパも安物の感じでぺらぺらなのでしっかりしたものに買い変えたいです。

 

上をみればキリがないですが小まめに内容をチェックしてより良いものに買い替えたり、新たに買い足したりすることが震災後、無事に生き残るには必要なことだと思います。

 

 

全体的に結構な重量があるのでまだ体力のある人は良いのですが、高齢の母には重たいらしく実際にその時がきたら持って歩けるか不安だと言っていました。

 

被災の状況などをみて、避難所で賄えそうなものだったり減らせる荷物などは減らすなどして、その都度対応していこうと今は考えています。

 

 

あと非常に心配なのは落下物による怪我ですので、折りたたみ式のヘルメットをこのセットに足したら良いかと思います。工事用のものなど通常のヘルメットは安価で良いのですが、やはりちょっと玄関に出しっぱなしにするには少し抵抗があるのでコンパクトに収納できる方が使い勝手は良いかと思います。

 

つい日常になれて忘れてしまいがちですが、新しい商品もチェックするなど常に防災意識を高く持たねばと思う近頃です。

 

グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】被災者の声を元に防災士が厳選した防災グッズ 非常用持ちだし袋 非常持出袋 防災用品

 

価格 18,333円 (税込 19,800 円)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ