防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

抗菌ヤシレット!災害用トイレ3点セット

読了までの目安時間:約 3分

東日本大震災後、ある程度の水や備蓄食料、ラジオなどの防災グッズは用意しましたが、トイレは車でも使える携帯トイレを二個くらいしか用意していません。先日の熊本の地震があり、避難している方が困られていること、というのが取り上げられていますが、やはりトイレの問題は大きいと思いました。

 

避難所となっているトイレの数が許容量を超えてしまうこと、そしてその避難所が使えない場合もあるということ、トイレは毎日のことなので、待ってはいられません。やはり自分でも簡易トイレを持つ必要があると思いました。

 

現在持っている携帯用トイレは、あくまでも緊急用なので、座って用を足すことができないものです。防災用ならば座って用が足せるものが良いと思いました。簡易トイレはプラスチック製や段ボール製など、耐久性に優れたさまざまなタイプが出ており、それぞれ洗えるもの、耐久性に優れているものなど利点があります。

 

自分や家族が使う場合のことを考え、このプラスチックダンボール製の簡易トイレに、テントが付いているものが良いと思いました。簡易テントは更衣室としても使用可能、というところがポイントです。

避難生活をしている際、更衣室不足も問題になっているということなので、その点でも利用できるのは大きいと思います。30回分ということで、30個の抗菌性凝固消臭剤、処理袋がついています。保存期間は10年、簡易便器はプラスチックダンボール製で、工具不要の組み立て式。処理袋をかぶせて使用します。抗菌性凝固消臭剤も消臭効果・抗菌効果をテスト済、可燃ごみとして処理できます。

 

テント付きの簡易トイレもいくつかありますが、このテントはワンタッチテントで軽量、30秒で簡単に組み立てられるとのこと。高さも195㎝とかなり高さがあるので、圧迫感を感じにくいのではないかと思います。防災グッズとしてセットになっていますが、部屋の中で設置したり、レジャーでも使用できるとのこと。

 

一つこういうテントがあると、色々なことに使え、便利なのではないでしょうか。この商品は30回利用できますが、家族が多い方などは、シートや凝固剤のみ、別に購入しておくと安心かも知れません。

 

防災用品というと、どうしても水や食料に考えがいってしまいがちですが、熊本地震の後だけに、やはりトイレは重要だ、と強く思っています。水や食料だけでなく、個人である程度の物を準備しておくと、大きな目で見て、他の避難者の方の助けにもなるのかも知れません。

抗菌ヤシレット!災害用トイレ3点セット

価格9980円

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ