防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

ダイナモ 多機能防災ラジオ LEDライト (XLN-609)

読了までの目安時間:約 5分

私がこの商品を初めて購入したのが、2012年2月でした。

 

福島県いわき市に在住している私は、東日本大震災を経験したことがきっかけで防災意識が高まりました。

 

そのため、電池切れの心配がないソーラータイプの懐中電灯を購入したいと思うようになったのです。

 

ネットショップでいろいろ検索して探した結果、停電になっても懐中電灯代わりや、テーブルスタンドライトにもなり、緊急を知らせるサイレンも使えて、さらにFMラジオも聴くことが可能なマルチタイプのダイナモ 多機能防災ラジオ LEDライトの商品説明欄を見たら、いざという時、きっと役に立つに違いないと考えて注文したのです。

 

充電方法ですが、本体の背面についているハンドルを、手回しでも充電できるので、ソーラー機能が働かないような天候が良くない日や夜間時も安心です。商品の説明欄には、手回しでの満充電時間は36分と書かれていました。手回しには、指1本でも簡単に360度回すことができたので小さなお子様でも使えるかと思います。

 

太陽光によるソーラー充電も可能のため、良く晴れているとき、私はサンルームの窓側に、ソーラー部分に日光があたるように置いたりしています。

しかし最近は、使用していなかったので充電不足になり、さっそくUSBケーブルコードでパソコンにつなぎ充電したら、デスクライトは明るさを取り戻しました。

 

LEDライトを使っているので、とても明るいです。デスクライトの明るさも、ダイヤルをまわせば、そのとき自分に必要な明るさに調整が出来るので、周囲が見える程度のある程度弱い明るさで使えば、使用できる時間も長くなるのでこのような機能は良いと思いました。

 

災害が起きた時、停電になったらテレビを見ることができません。携帯ラジオも電池が切れたら使うこともできません。

 

そんなとき、今周囲はどのような状態になっているかなどの情報が全く入ってこなければ不安な気持ちになるでしょう。

 

しかし、もしもこの商品が手元にあれば、充電不足だったとしても手回し充電を行えばラジオを使うことが可能なのです。

 

そのことによって、今自分が置かれた状況を判断することができます。ラジオは被災された皆様に、避難所情報や救援物資、救護情報など、混乱を防ぐためにいろいろと役立ちそうな情報を教えてくれたりするので、それを聴くことによって、不安や緊張は少しだけ安心感に変わるかもしれません。

 

商品は、私の日常生活のいろいろな場面で活躍してくれます。

 

部屋の中には猫用トイレが1つあります。サンルームにも猫用トイレを置いています。

 

サンルームは部屋の中と違って、日中は明るいのですが、夜は暗闇です。

 

飼い猫がそのトイレを使用して糞尿をしたとき、朝までそのままにしておくと不衛生ですし、猫もトイレに入るのを我慢して膀胱炎になってしまうかもしれません。

 

そのときは、ダイナモの多機能防災ラジオ LEDライトを、猫トイレの隣に置き、汚れた部分を照らすような角度にデスクライトをセットして明かりを照らせばすぐに汚物を片づけることができるので便利です。

 

この前は、トイレの中の電球が切れてしましました。夜中だったこともあり、この商品をトイレの床に置き、電球代わりとして使いました。暗いトイレよりは、少しだけ周囲に明かりがあると精神的にもほっとする気分になります。

 

購入してから今年で4年目になりますが、ラジオも普通に聴けたし、LEDライトの光は衰えていないし、緊急サイレンの音のパワーも健在です。

 

耐久性もあるので、私にはとても良い商品です。
ダイナモ 多機能防災ラジオ LEDライト (XLN-609)
価格2980円

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ