防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】

読了までの目安時間:約 4分

2011年3月11日の東日本大震災を経験してから防災グッズに強い関心を持つようになりました。

 

あの時は水も電気も中々復旧しなかったので、困ったことがたくさんありました。東北の冬は寒いのですが、電気が使えないので暖房がつかない。水もないから、トイレやお風呂に行けないなど、たくさんの問題がありました。また来るかもしれない大震災に備えようと思い見つけたのがこの商品です。

 

最初に見たとき、可愛らしいデザインに惹かれました。今まで防災グッズといったら、色もデザインも微妙で、玄関やリビングに置いておくにはあまりにも違和感があるようなものばかりでした。目立たない所に置こうとすると、いざという時にすぐ取り出せなかったり、どこに置いたかな?という状態になってしまっていたので、小さくて可愛らしいデザインのこの商品は、玄関に置いても、インテリアの邪魔にならないなと思いました。

 

実際に届いてみると、可愛らしいデザインは写真通りで、玄関に置いても違和感がなかったです。また、予想以上に小さくて軽くて驚きました。必要なものを詰めるとどうしても重くなってしまうというもの難点だったので、これはすごくいいなと思いました。場所も取らないので、玄関のすぐ持って逃げられるような位置に置いています。

肝心の中身ですが、被災者の声を元に防災士が厳選した防災グッズということだけあって、本当に必要なものが分かっているなと思います。

 

水、食料はもちろんですが、食品加熱袋・加熱剤はとってもいいと思います。東北は寒さがかなり厳しいので、暖かいものを食べられるというのは本当にありがたいことです。

 

3.11の時も炊き出しが始まるまでは、冷たい飲み物と冷たい食べ物でした。もっと早くこの食品加熱袋・加熱剤を知っていたかったです。

 

簡易トイレもとても大切です。仮説のトイレや、共同のトイレはあまり清潔でなく、文句を言える状況ではなかったのですが、かなりきつかったです。簡易トイレは持っていた方が絶対にいいです。必ず役に立ちます。

 

水のいらないシャンプーもすごく便利だなと思います。3.11の時に活躍したとネットに書いてあったのですが、私は3日くらいで親戚の家に避難したので、使いませんでした。使ったことが無いので使用感はわかりませんが、お風呂も入れない状況はストレスにもなるので、ストレス軽減のためにも、このような商品はとてもありがたいです。

 

他に入っている防災グッズもどれも持っていて絶対に必要になってくるものばかりですし、一家族に1個といわず、1人1個持っているべきの防災グッズだと思います。

グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】被災者の声を元に防災士が厳選した防災グッズ 非常用持ちだし袋 非常持出袋 防災用品

価格19800円

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ