防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

ロボットを使うかロボットに使われるか -絵空事で無くなってきた未来の仕事

読了までの目安時間:約 3分

38%、35%、30%、21%。この数字、何だと思われるだろうか。
これらはアメリカ、ドイツ、イギリス、日本において今後15年以内にロボットや人工知能(AI)などに奪われる恐れのある職種の割合だと言う(CNNによる)。

各国でどのくらいの仕事がロボットに奪われるかは、現在の産業構造に依る。アメリカでの割合が高くなっているのは、今後ロボット化が進み易いであろうサービス産業の比率が高いことや、アメリカの金融業界での業務が自動化しやすいことにあるようだ。

知的労働にせよ肉体労働にせよ、決まりきった定型的な作業や膨大な情報を駆使しながら進める作業は、ロボットやAIのほうが人に勝るだろう。

例えば日本の工場では、見た目は人の形はしていなくとも、既に多くの生産工程を自動機械=ロボットが人にとって代わっている。オートメーション化による生産とは実質的にロボットやAIによる生産なのだ。この傾向は今後も色々な職種で進んで行くとの予測が冒頭の数字となって表れている。

しかし人の仕事がロボットやAIにとって代わられるといっても、それらが主体的に作業をするわけではないし、人をまったく必要としないというわけでもない。
それゆえ仕事上両者の関係がまったく切れるということはない。それは多くの職種が人の手を離れてロボットやAIが担うことになっても変わらないだろう。

ロボットやAIの能力のレベルが低いとき、人はロボットやAIを“使用”することによって作業効率を高めてきた。しかし今やロボットやAIが進化し、それらが不得手とする部分を人が補助的に手伝うようになってきている。見方によっては彼らに“使用”されているのだ。

ロボットやAIによる“作業”と人の“労働”は同じではない。今はロボットやAIによる“人間の職業への侵食“にだけ目を向けられがちである。
しかし、かつてチャーリー・チャップリンが描いた”モダンタイムズ“の世界を、現代的な視点から再度見直すことも必要ではないだろうか。みずほ銀行カードローン 審査時間

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ