防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

ロングライフフーズの防災備蓄食・非常食 標準Aセット

読了までの目安時間:約 3分

ロングライフフーズという会社を知ったのはテレビで防災関連の事をやっていた時でした。空港の倉庫が映り、水や食料や毛布などがあったと思いますが、段ボールに書かれた企業名を見てホームページを調べてみました。空港で使われるものならきっと良いものに違いないと思ったからです。

 

日本では防災用に色々な備蓄食、保存食が売られていますが、昔はそういったものは缶詰がほとんどだったと思います。乾パンやさば缶などの缶詰のイメージです。3.11の時に缶詰が一時スーパーから無くなることがあり、私も買いましたが、普段の買い物の時よりずっと重量がありました。その経験から缶は避難時に持ち歩きや処分に困る気がしていました。こちらの商品は缶を使用しておらず、容器が軽いことが良いと思いました。

 

実際の災害を報道で知ると最初の数日は物がなくて被災者が困っているのが現状です。特に水が欲しいという声を聞くので、水を使って作る食品は実際は使えないのかな、と思いました。こちらのセットはどれもレトルトパウチで開けたら食べれるのが便利です。 ロングライフフーズの防災備蓄食・非常食 標準Aセットの続きを読む »»

SENTRY ポータブル耐火・防水保管庫 チャコールグレー CHW20121

読了までの目安時間:約 3分

東日本大震災や先日起きた、熊本大地震などで痛感したことは、日本のどこにいても大震災で被災する可能性は非常に高いということです。

 

しかし、多くの人が震災が起きる度に、備えておかなければならないとは自覚しつつも、時間が過ぎれば過ぎるほど震災の恐怖は風化されていきます。いつ何時、いざ逃げようとしたときに咄嗟に手に取れるものは1つや2つ程度ではないかと思います。家が崩れるかもしれない、そういったときにゆっくりと食料や通帳の準備なんてしてられませんよね。

 

防災バッグにある程度の食料や水、傷の手当ができるものなどを入れておくことは周知されていると思います。私がこの商品を非常に高く評価しているのは、強靭な耐火性能と防水を完備しているからです。

 

東日本大震災のときは津波によって多くの物が流されました。また、熊本大地震では家屋の崩壊が激しく、今にも崩れそうな家の中に入ることが困難な状況にありました。そんな中、大事な通帳や印鑑などを探したくても探せない、取りに行きたくても取りに行けない、諦めなくてはならない状況に陥ってしまうことがほとんどではないでしょうか。

SENTRY ポータブル耐火・防水保管庫 チャコールグレー CHW20121の続きを読む »»

Hello world!

読了までの目安時間:約 1分

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ