防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

たおれんゾウ

読了までの目安時間:約 4分

「耐久性」「安心感」「満足度」が『良い』止まりなのは、私自身がこれを使用してから、『巨大地震』には遭遇してないからです。『東北大震災』の時、我が家は「震度5弱」でした。幸い大きなタンスや棚は倒れませんでした。この『たおれんゾウ』を使っていたものも、使っていないものも倒れませんでしたので、「巨大」地震が来たの時も頑張ってほしいです。しかし、テレビ番組での紹介や過去の地震でも効果があったとされているので、期待しています。

 

実は以前から防災には気を使っている方でしたが、現在の賃貸マンションに転居してから、この「たおれんゾウ」を買い足しました。最初に住んでいたマンションでは、『タンスの上に置くタイプの転倒防止グッズを使用していました。これはタンスの上に置いて、ジャッキのように天井に突っ張る形でタンスを固定するものでした。これも「天井も造りがしっかりしたマンションで板張りの床」にはなかなか良かったです。ただ、鉄パイプのような部品など重量がかなりあり、扱うときに注意が必要です。うちは子供がいたずらしそうになってあわてました。

たおれんゾウの続きを読む »»

抗菌ヤシレット!災害用トイレ3点セット

読了までの目安時間:約 3分

東日本大震災後、ある程度の水や備蓄食料、ラジオなどの防災グッズは用意しましたが、トイレは車でも使える携帯トイレを二個くらいしか用意していません。先日の熊本の地震があり、避難している方が困られていること、というのが取り上げられていますが、やはりトイレの問題は大きいと思いました。

 

避難所となっているトイレの数が許容量を超えてしまうこと、そしてその避難所が使えない場合もあるということ、トイレは毎日のことなので、待ってはいられません。やはり自分でも簡易トイレを持つ必要があると思いました。

 

現在持っている携帯用トイレは、あくまでも緊急用なので、座って用を足すことができないものです。防災用ならば座って用が足せるものが良いと思いました。簡易トイレはプラスチック製や段ボール製など、耐久性に優れたさまざまなタイプが出ており、それぞれ洗えるもの、耐久性に優れているものなど利点があります。

 

自分や家族が使う場合のことを考え、このプラスチックダンボール製の簡易トイレに、テントが付いているものが良いと思いました。簡易テントは更衣室としても使用可能、というところがポイントです。

抗菌ヤシレット!災害用トイレ3点セットの続きを読む »»

ロングライフフーズの防災備蓄食・非常食 標準Aセット

読了までの目安時間:約 3分

ロングライフフーズという会社を知ったのはテレビで防災関連の事をやっていた時でした。空港の倉庫が映り、水や食料や毛布などがあったと思いますが、段ボールに書かれた企業名を見てホームページを調べてみました。空港で使われるものならきっと良いものに違いないと思ったからです。

 

日本では防災用に色々な備蓄食、保存食が売られていますが、昔はそういったものは缶詰がほとんどだったと思います。乾パンやさば缶などの缶詰のイメージです。3.11の時に缶詰が一時スーパーから無くなることがあり、私も買いましたが、普段の買い物の時よりずっと重量がありました。その経験から缶は避難時に持ち歩きや処分に困る気がしていました。こちらの商品は缶を使用しておらず、容器が軽いことが良いと思いました。

 

実際の災害を報道で知ると最初の数日は物がなくて被災者が困っているのが現状です。特に水が欲しいという声を聞くので、水を使って作る食品は実際は使えないのかな、と思いました。こちらのセットはどれもレトルトパウチで開けたら食べれるのが便利です。 ロングライフフーズの防災備蓄食・非常食 標準Aセットの続きを読む »»

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ