防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

ダイナモ 多機能防災ラジオ LEDライト (XLN-609)

読了までの目安時間:約 5分

私がこの商品を初めて購入したのが、2012年2月でした。

 

福島県いわき市に在住している私は、東日本大震災を経験したことがきっかけで防災意識が高まりました。

 

そのため、電池切れの心配がないソーラータイプの懐中電灯を購入したいと思うようになったのです。

 

ネットショップでいろいろ検索して探した結果、停電になっても懐中電灯代わりや、テーブルスタンドライトにもなり、緊急を知らせるサイレンも使えて、さらにFMラジオも聴くことが可能なマルチタイプのダイナモ 多機能防災ラジオ LEDライトの商品説明欄を見たら、いざという時、きっと役に立つに違いないと考えて注文したのです。

 

充電方法ですが、本体の背面についているハンドルを、手回しでも充電できるので、ソーラー機能が働かないような天候が良くない日や夜間時も安心です。商品の説明欄には、手回しでの満充電時間は36分と書かれていました。手回しには、指1本でも簡単に360度回すことができたので小さなお子様でも使えるかと思います。

 

太陽光によるソーラー充電も可能のため、良く晴れているとき、私はサンルームの窓側に、ソーラー部分に日光があたるように置いたりしています。

ダイナモ 多機能防災ラジオ LEDライト (XLN-609)の続きを読む »»

SENTRY ポータブル耐火・防水保管庫 チャコールグレー CHW20121

読了までの目安時間:約 3分

東日本大震災や先日起きた、熊本大地震などで痛感したことは、日本のどこにいても大震災で被災する可能性は非常に高いということです。

 

しかし、多くの人が震災が起きる度に、備えておかなければならないとは自覚しつつも、時間が過ぎれば過ぎるほど震災の恐怖は風化されていきます。いつ何時、いざ逃げようとしたときに咄嗟に手に取れるものは1つや2つ程度ではないかと思います。家が崩れるかもしれない、そういったときにゆっくりと食料や通帳の準備なんてしてられませんよね。

 

防災バッグにある程度の食料や水、傷の手当ができるものなどを入れておくことは周知されていると思います。私がこの商品を非常に高く評価しているのは、強靭な耐火性能と防水を完備しているからです。

 

東日本大震災のときは津波によって多くの物が流されました。また、熊本大地震では家屋の崩壊が激しく、今にも崩れそうな家の中に入ることが困難な状況にありました。そんな中、大事な通帳や印鑑などを探したくても探せない、取りに行きたくても取りに行けない、諦めなくてはならない状況に陥ってしまうことがほとんどではないでしょうか。

SENTRY ポータブル耐火・防水保管庫 チャコールグレー CHW20121の続きを読む »»

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ