防災対策SOS

宮城・熊本の震災を忘れない|防災対策SOS

防災に必要なグッズや対策方法を紹介します

たおれんゾウ

読了までの目安時間:約 4分

「耐久性」「安心感」「満足度」が『良い』止まりなのは、私自身がこれを使用してから、『巨大地震』には遭遇してないからです。『東北大震災』の時、我が家は「震度5弱」でした。幸い大きなタンスや棚は倒れませんでした。この『たおれんゾウ』を使っていたものも、使っていないものも倒れませんでしたので、「巨大」地震が来たの時も頑張ってほしいです。しかし、テレビ番組での紹介や過去の地震でも効果があったとされているので、期待しています。

 

実は以前から防災には気を使っている方でしたが、現在の賃貸マンションに転居してから、この「たおれんゾウ」を買い足しました。最初に住んでいたマンションでは、『タンスの上に置くタイプの転倒防止グッズを使用していました。これはタンスの上に置いて、ジャッキのように天井に突っ張る形でタンスを固定するものでした。これも「天井も造りがしっかりしたマンションで板張りの床」にはなかなか良かったです。ただ、鉄パイプのような部品など重量がかなりあり、扱うときに注意が必要です。うちは子供がいたずらしそうになってあわてました。

たおれんゾウの続きを読む »»

グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】

読了までの目安時間:約 4分

2011年3月11日の東日本大震災を経験してから防災グッズに強い関心を持つようになりました。

 

あの時は水も電気も中々復旧しなかったので、困ったことがたくさんありました。東北の冬は寒いのですが、電気が使えないので暖房がつかない。水もないから、トイレやお風呂に行けないなど、たくさんの問題がありました。また来るかもしれない大震災に備えようと思い見つけたのがこの商品です。

 

最初に見たとき、可愛らしいデザインに惹かれました。今まで防災グッズといったら、色もデザインも微妙で、玄関やリビングに置いておくにはあまりにも違和感があるようなものばかりでした。目立たない所に置こうとすると、いざという時にすぐ取り出せなかったり、どこに置いたかな?という状態になってしまっていたので、小さくて可愛らしいデザインのこの商品は、玄関に置いても、インテリアの邪魔にならないなと思いました。

 

実際に届いてみると、可愛らしいデザインは写真通りで、玄関に置いても違和感がなかったです。また、予想以上に小さくて軽くて驚きました。必要なものを詰めるとどうしても重くなってしまうというもの難点だったので、これはすごくいいなと思いました。場所も取らないので、玄関のすぐ持って逃げられるような位置に置いています。

グッドデザイン賞受賞の防災セット【地震対策30点避難セット】の続きを読む »»

手回しラジオ「ミニライトプティ」

読了までの目安時間:約 4分

まだ実際に使用したことはありませんが、防災用のセットを購入した際に、中に入っていた手回し充電ラジオ「ミニライトプティ」は便利だと思います。災害の時に困ることは「電気が使えなくなり灯りがなくなることと」「情報が遮断されること」「スマホなどの充電ができず連絡がとれないこと」ですので、これを一つ持っておけば、すべての問題を解決してくれます。

 

セットで購入したので、実際の値段はわかりませんが、ネットでは税込み2700円で販売されているようです。本体の長さは約13cm幅は約5cm厚さは約4cmで、ストラップもついており重さは約125g。これ一つで「ライト」と「ラジオ」「防犯サイレン」「携帯電話の充電器」の4つの機能を備えています。軽くてコンパクトで普段からバッグなどにいれて持ち運ぶことも可能なサイズです。本体は握りやすいボディ構造が特徴で、女性でも扱いやすくなっています。

手回しラジオ「ミニライトプティ」の続きを読む »»

抗菌ヤシレット!災害用トイレ3点セット

読了までの目安時間:約 3分

東日本大震災後、ある程度の水や備蓄食料、ラジオなどの防災グッズは用意しましたが、トイレは車でも使える携帯トイレを二個くらいしか用意していません。先日の熊本の地震があり、避難している方が困られていること、というのが取り上げられていますが、やはりトイレの問題は大きいと思いました。

 

避難所となっているトイレの数が許容量を超えてしまうこと、そしてその避難所が使えない場合もあるということ、トイレは毎日のことなので、待ってはいられません。やはり自分でも簡易トイレを持つ必要があると思いました。

 

現在持っている携帯用トイレは、あくまでも緊急用なので、座って用を足すことができないものです。防災用ならば座って用が足せるものが良いと思いました。簡易トイレはプラスチック製や段ボール製など、耐久性に優れたさまざまなタイプが出ており、それぞれ洗えるもの、耐久性に優れているものなど利点があります。

 

自分や家族が使う場合のことを考え、このプラスチックダンボール製の簡易トイレに、テントが付いているものが良いと思いました。簡易テントは更衣室としても使用可能、というところがポイントです。

抗菌ヤシレット!災害用トイレ3点セットの続きを読む »»

非常用簡易トイレ/R-39

読了までの目安時間:約 3分

関西に住んでいて阪神淡路大震災を経験しながら忘れていたのですが、あの時に一番実感したのはトイレの重要性です。食べ物や毛布の支給は確かに急を要しますし大事だと思いますが、排せつ問題は同じくらい大切です。

 

衛生問題や排せつを我慢する事による身体への悪い影響が何よりも心配で、今回の熊本の大震災でもトイレの回数を減らすために水分を取らず、エコノミークラス症候群になられる方が増えていて、最悪の結果も起こっているという報道も目にしました。そんな事もあって何とか気兼ねなく安心してトイレが使える方法はないものかと模索していました。

 

被災の程度が軽く自宅で避難生活を続けられる場合はゴミ袋とちぎった新聞紙を便器にセットすれば、水が出なくても下水管が破損しても何とか過ごせますが、困るのは便座も破損した場合です。

 

大きな避難所には臨時のトイレも沢山設置されますが、義母と同居している我が家では大勢の人達との雑魚寝やトイレに並んで待つという事が大きなストレスになり、テントや車での避難生活を選択するかもしれません。

非常用簡易トイレ/R-39の続きを読む »»

グッドデザイン賞を受賞した非常用持ち出し袋

読了までの目安時間:約 4分

震災の直後に慌ててネットでサーチして選んだのがこの防災グッズです。単品で買い求めるよりも手っ取り早く、とにかく焦っていたのでいち早く準備をしたい一心でした。

 

母用にもうワンセット購入して実家にも送り届けました。内容ですが、多機能ライト、保存水、乾パン、簡易トイレ、アルミブランケット、除菌ジェル、給水袋、救急セット…など基本で揃えておきたい合計30点がリュック型バッグに詰まっています。

 

 

幸い現在までは使用することなく過ごせているので、本当に必要になった時にちゃんと力を発揮してくれるのかは分かりませんが、このセットを選んだことは正解だったと思っています。テレビショッピングやカタログで良く見かける同じようなタイプのものは蛍光オレンジなどの派手でセンスのないリュックに入った

 

ものが多いので、シンプルなデザインで火にも強いリュックを採用しているこのセットには満足しています。

 

やはり、いつ襲われるか分からないのが震災ですから玄関先やリビングなどのすぐに持ち出せるところに置いておかないと意味がないですし、極端にセンスのない、インテリアに合わないものでは結局物置などにしまい込んでしまって、本番で役に立たないと思うのです。現在は食卓椅子の下に常備して、気が付い時に消費期限などをチェックしています。

グッドデザイン賞を受賞した非常用持ち出し袋の続きを読む »»

最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ